「ルルドの奇跡」70例目の認定

[ボーベー(フランス) 13日 ロイター]

– フランス南西部のルルドを訪ねた後に坐骨神経痛に伴う長年の歩行困難から快復したカトリック修道女の例が先週、居住教区の司教により、ルルド70例目の奇跡と認定された。

 快復に対する医学的な説明がつかないとの医師団の判断を受けたもの。

 修道女はベルナデット・モリオーさん(78)。人生の半分余りにわたって坐骨神経症に伴う歩行困難に苦しみ、長年鎮痛のため多量のモルヒネを常用していた。

 モリオーさんは13日、2008年7月にルルドを訪ねた数日後、圧倒的に強烈な健康感がみなぎったと述懐。長年曲がったままだった足の添え木を外して足を延ばし、普通に歩き始めたと説明した。

 モリオーさんは記者団に「添え木を外すようにと声が聞こえた。信仰の証としてはずしてみたところ、驚いたことに足がまっすぐ伸び、まったく痛みを感じずに動くことができた。私は、大泣きした。翌日には森で5キロ歩いた」と語った。

 常用していたモルヒネを止めたところ、痛みがなかったほか、長期間にわたる鎮痛剤常用を突然中止した際にしばしば発生する副作用も見られなかったという。

 1858年に農民の娘ベルナデッタが聖母マリアの出現を見た「ルルドの奇跡」以来、ルルドにはカトリック教徒を中心に、2億人の巡礼者が訪れ、7000人前後が病気の治癒を報告。ただ、公式な奇跡として認定・記録されているのは100件に1件程度の割合という。